高機能な壁材、エコカラットとは

エコカラットはタイル状の壁材で、壁紙の代わりに壁に貼り付けて使います。湿気や臭いを取る効果があります。


さらに、トルエンやホルムアルデヒドなど、シックハウスの原因となる有害物質も吸着して低減します。



エコカラットは、粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成したもので、この微細な孔が湿気や臭いの吸着に最適な、1ナノメートルというサイズに設計されており、空気を吸放出し、壁でありながらまるで空気清浄機であるかのような働きをします。
壁材ですが、ホームセンターでもばら売りされています。


例えばこれをシューズ・イン・クローゼットの棚に敷くと、靴の臭いを大幅に軽減させることができます。


湿気も吸収してくれるので、カビ対策にもなります。



この程度なら素人でもできますが、壁全体に貼ろうとすると大変です。



しかしプロに頼むと費用が高いということで、自分でやってしまう人も多いようです。家全体の壁に貼らなくても、例えば、玄関の壁の一部に貼るだけでもおしゃれなアクセントになり、家の顔である玄関を快適な空間にすることができます。または、寝室の壁に貼れば、調湿効果により就寝時ののどや肌を乾燥から守ってくれます。

エコカラットの誕生には、日本の昔ながらの伝統的な壁、「土壁」がヒントになっています。

土壁は湿気の多い日本の気候と相性が良いです。

この土壁をベースに、長年の研究によって培われてきた焼き物融合することで、エコカラットは生まれました。

Copyright (C) 2016 高機能な壁材、エコカラットとは All Rights Reserved.