住宅の内装材にはエコカラットがお勧めです。

快適な家づくりを行うにあたり、日本の高温多湿の気候に合った材質の物を選ぶ事が快適な住まいづくりの重要なポイントとなります。
日本の高温多湿の気候は、特に室内に置いて快適性に深く関係するものです。



湿度が高ければ、じめじめと不快感が高まりますし、温度が高ければ活動しづらくなります。

その為、家作りにおいてはこの高温多湿に対して、しっかりと考えて家作りを行う事が大切です。

特に内装材には重点を置いて選定する事がポイントとなります。特に広い面積を持っている壁材は調湿効果を持ったものがお勧めです。



各メーカーより珪藻土の塗り壁や調湿効果をもつ壁紙など、様々な調湿効果をもった壁材がある中で、特に調湿効果が高い材質がエコカラットです。

エコカラットは粘土鉱物などの細かい気孔をもった材質を焼成して作った壁材です。

この細かい気孔によって室内の湿度を適切にコントロールします。

その調湿効果の高さは珪藻土の5~6倍と高く、梅雨時期における特有のジメジメ感を大幅に軽減しますし、冬場での乾燥にも放出し適度な湿度を保つので、快適な空間を演出します。
さらに、適切な室内の湿度を保つので、カビやダニの発生を抑える効果もあります。

加えて、空気中の有害物質を吸着する性質もある為、室内はクリーンな空気となるのでシックハウス症候群にもなりづらいのも特徴の一つです。



このようにエコカラットはその高い調湿効果による適切な湿度、そして、安心できる快適な空間を演出する事が出来るのもお勧めの理由です。


Copyright (C) 2016 住宅の内装材にはエコカラットがお勧めです。 All Rights Reserved.