エコカラットは内装用壁材としてお勧めです。

住宅を新築、もしくは内装のリフォームを検討している場合、特に室内用の壁材はこだわって選定する事が大事です。

理由として、特に日本の気候は高温多湿な為、ストレスの少ない快適な住環境を作るうえで室内全体の調湿が重要となります。



湿度が高いと人は不快感を覚えます。その為、室内の湿度は適切であることが重要となり、快適な住環境を作る為にも調湿効果を持った材質を使用する事がポイントとなります。

そして、室内で広く面積を持っているのが壁です。



この壁の材質に着目する事で快適な住環境を作るうえで大切なポイントとなります。

調湿効果を持った材質は各メーカーから様々なものが販売されています。例えば、調湿壁紙や珪藻土による塗り壁などです。



その中でも、特に調湿効果を持ったものがエコカラットです。


エコカラットは粘土鉱物などのとても小さな気孔を持った原料を焼成し壁材です。
その細かな気孔が室内の湿度をコントロールします。
その効果は珪藻土の約5~6倍と高く、室内の余分な湿度を吸湿し、そして、室内に湿度が足りなければ放出し室内の湿度を適切にコントロールする事が出来ます。


その為、冬場における結露や梅雨時期の湿度の高さを抑えてくれるのでカビやダニの発生を抑える効果もあります。

また、エコカラットは有害物質フリーなので有害物質によるシックハウス症候群の発生を抑え、また、空気中の有害物質を抑える効果も特徴の一つです。

そして、小さいお子さんがいる若いご家族にお勧めの壁材であり、新築やリフォームの際にはこのような適切な壁材の選定が大切です。


Copyright (C) 2016 エコカラットは内装用壁材としてお勧めです。 All Rights Reserved.